今すぐお金を借りるなら!~即日キャッシングのための準備~

すぐに安全にお金を借りたい方はまずココをチェック!

◎→借入できるか簡単3秒診断がおすすめのプロミスです←◎

お金を借りたい時に24時間土日でも申込可能なオススメのカードローンの借入の流れや金利などを紹介。即日審査や即日融資を可能にする便利な虎の巻!今すぐお金借りるならまずはココを見てください!

即日でお金借りるならどこがいい?今日中に借りられるの?

「どうしても今日中に●●円が必要!」ということも時にはあると思います。そんな時には、「お金を借りる=キャッシング」を考えなくてはならないこともあるでしょう。お金を借りるならどこがいいか選ぶときは、今はインターネットから申し込んで契約までを行うことが可能な時代です。

今まで一度もキャッシングを利用したことの無い人は、「今日申込みをしたら最短でキャッシングできるのはいつ?」と思うことも多いと思います。

キャッシングの申込みから実際の借入までの時間は、利用する金融サービスによって大きく違いますが、最短で即日のキャッシングが可能な所も実際にあります。即日融資には、金融会社の選択と、申込みの手順、事前の準備がカギとなります。

お金借りるなら!選択するべき金融サービスとは?

「キャッシング」、「カードローン」という言葉を知っていても、その違いが分からないという人も多いと思います。一般的にはキャッシングならば消費者金融、カードローンならば銀行という認識を持っている人が多いのではないでしょうか。

実際にはどちらも同じでサービスであり、また取扱いの金融サービスについても特に線引きされている訳でも無いようです。「カードローン」という商品は、銀行だけでなく、消費者金融にもあります。

それでも即日融資でお金を借りることを希望するならば、消費者金融がオススメとなります。何と言っても消費者金融の審査は迅速で、審査完了後の手続きも速いです。

即日融資で借りる為の申込みの手順を知る!

お金を借りる申込みをした当日に融資を受けたいならば、申込みはネットが一番おすすめです。ネット申込みならば24時間受付けをしている為に、思い立った時に直ぐにキャッシングの申込みができます。

即日での借りれ方法は、ネットキャッシングか自動契約機でローンカードを発行した後に出金ということになります。

ネットキャッシングを希望する場合は、多くのサービスが、平日の14時までの契約完了が基本となります。その為には、この時間までに振込み手続きができるようにする必要があります。申込み時間にも注意が必要で、午前中からの申込みがオススメです。

また申込み時間が遅かった、審査に時間が掛かってしまったという場合ならば、ネットで申込みをした後に自動契約機へ行って契約すると、カードをその場で発行できる為、即日融資でお金を借りることが可能になります。

お金を借りる前に事前準備する書類

今日中にキャッシングを希望するならば、申込み手続きのスピードは欠かせません。それならば、必要になる書類の用意が申込みの時点で完了していることも大切となります。申込みで必ず必要になるのが、「本人確認書類」です。

借入申込の際に必要になる本人確認書類の一覧をあげます。

消費者金融などでお金を借りるなら、事前の申込みが必要になります。申込みはネットならば必要事項をフォームに入力していきます。ただし申込み手続きは情報の入力だけでは完了しません。さらに本人を確認する書類の送付も必要になります。申込みに必要な書類は以下の中からいずれか1つとなります。(※基本的には運転免許証があれば理想的)

キャッシングを利用する前に揃えておくべき書類

  • ●運転免許書
  • ●健康保険証
  • ●パスポート

また申込みの住所と本人確認書類の住所が異なっている場合は、発行日から6か月以内の以下の書類も併せて用意が必要になります。

  • ●公共料金の領収書
  • ●社会保険料の領収書
  • ●国税や地方税の領収書
  • ●納税証明書

必要に応じて必要になる収入証明書

消費者金融でお金を借りる申込みをする場合、基本的には上記のような本人確認書類の用意で良いのですが、場合によっては収入証明書の提出も必要になります。

  • ●申込みの会社で50万円を超える契約を行う場合
  • ●他社を含めた借入総額が100万円を超える場合

収入証明書として利用できる書類は以下の通りとなります。

  • ●最新の源泉徴収票
  • ●直近1~3か月分の給与明細書(利用の金融会社により必要数が異なる)
  • ●1年分の賞与明細書
  • ●住民税の税額決定通知書
  • ●課税証明書
  • ●所得証明書

上記の書類で給与明細書の提出をする場合、本人の氏名、発行年月、月収が記載されていることが必須となります。また手書きの明細書である場合は、社印が押印されていることも必要となります。

税金の証明書の場合、提出(申込み)が1~6月である場合、当年度分がまだ発行されていないことがある為、前年度分の証明書でも提出可能となります。

各種証明書は、読解が十分にできる状態であることが必要になります。ネットで書類のアップをしたり、FAX送信をする場合は、画像の品質に気を付ける必要があります。不良な状態である場合は、再提出を求められることもあるので、即日キャッシングを希望する場合には特に気をつけましょう。

本人確認書類で審査を受ける

お金を借りる際に審査などで使う、本人を確認する為の書類として利用できるモノと言えば、まずは運転免許証です。キャッシングでは本人確認の基本として提出を求められています。銀行の自動契約機で即日キャッシングをする時にも運転免許証が必要になる場合もあります。

運転免許証がない場合には、健康保険証かパスポートのどちらかが必要になることが多いです。健康保険証については、現在はカード型となっている場合が多いですが、表面に住所が記載されている時は、その面を画像ファイルにしてネットで送信します。

50万円を超える、他社との合計で100万を超える金額をキャッシングの希望額とする時には、収入を証明する書類も必要になります。

収入証明書類とは?

収入が確認できる書類として、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書や賞与明細書などがあります。急所明細書などについては、必要な月数が利用の業者によって違う場合もあるので、事前に確認が必要です。

概要

その日のうちに今すぐ「お金を借りるならどこがいいのか」と聞かれれば、即日キャッシングは消費者金融などで可能ですが、その為には申込み方法や、その手順にもコツが必要となります。また選択する金融サービスも重要となるので、事前に良く調べておく必要があります。また、キャッシング申込みには申込書への記入と共に、必要書類の送付をします。本人確認書類が必要になり、申込みの金額によっては収入を証明する書類も必要になります。それぞれに必要な書類を把握し、事前に用意をしておきましょう。

【当サイト過去30日で申し込み数1位の借入先を紹介】すぐにお金を借りたい方はまずココをチェック!

【全国どこからでも365日・土日祝日も24時間申込可能】

【来店不要・保証人不要・担保不要のフリーキャッシング】

【最短1時間融資がスピーディー】

借り入れ可能かわかるプロミスの簡単3秒診断(無記名でOK)を試してみては?!

借り入れ可能か3秒診断でわかります

◎→>>安心して借りれるプロミスの3秒診断はこちらをクリック<<

サブコンテンツ

このページの先頭へ